施設案内

トップページ > 施設案内 > 静岡医療福祉センター児童部・成人部・ライトホーム・静岡市発達障害者支援センター

静岡医療福祉センター

静岡医療福祉センター

肢体が不自由な人々の福祉の向上を図るため、医学的社会的リハビリテーションに主体を置く医療・福祉の総合施設です。
この施設は静岡県が昭和59~60年度に建設し、
昭和61年4月1日静岡県済生会により開所されました。


施設ホームページはこちら





センター内施設紹介


児童部
昭和28年に開設された静岡療護園が前身になります。昭和61年現在地に移転し、複合施設になりました。
肢体が不自由であったり、精神運動発達に遅れのある子どもたちの病院で、整形外科的治療、小児神経科的治療、リハビリテーション(機能訓練)、生活指導、保育、教育を行う医療と福祉の施設です。
成人部

脳卒中や脳血管障害や頭部外傷等の後遺症により身体に障害を持った方に、日中は生活リハビリのための様々な訓練を行い、夜間は食事の提供や入浴・排泄等の必要な介助を支援する施設です。また、個々の個別支援計画に沿い家庭復帰・単身生活・施設入所などの将来目標に向けて支援をしていきます。

併設している児童部(医療型障害児入所施設)の理学療法・作業療法などのスタッフや隣接する静岡済生会総合病院と連携を密にして利用者の皆様へのサービス向上に努めています。
ライトホーム
マッサージ、はり、きゅうの施術は、視覚障害者にとって、とても適した職業のひとつだと言えます。
しかし、人生半ばにして失明という視覚ハンディを受けた場合などは特に、国家資格を取得する能力があっても、施術や接客術、経営力を身に着け向上させていくことは、とても大変なことでもあります。
ライトホームでは、マッサージ、はり、きゅうの免許を持つ視覚障害者を対象として、地域社会で自立生活していくために必要な能力の向上を図るため、施術や接客術、経営力などについての研修を行っています。
生きた研修をモットーとし、地域の皆様のご理解とご協力の基、実際の施術を通して、就労支援を目的として運営しています。
静岡市発達障害者支援センター
静岡市にお住まいの、自閉症、アスペルガー症候群、広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害などの発達障害があるご本人、ご家族、関係者および関係機関からのご相談をお受けします。




アクセス


〒422-8006
静岡市駿河区曲金五丁目3番30号
TEL 054-285-0753  FAX 054-287-7982
E-mail  jimubu@sizuoka-iryofukusi.jp
URL  http://www.sizuoka-iryofukusi.jp/